SFIDARS BLOG

<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


エスパーニャ

こんばんは!#11です。姫路市民お疲れ様でした!
結果は準優勝でしたが、決勝は久しぶりにあんなボコボコにされましたね(ー_ー)!!

みんなめちゃくちゃ悔しかったと思います。
ゲーム中、何もすることができんかった自分に腹立ってまた頑張ろうと思った。

上手くなろと意気込んだはええけど、土曜日から年明けの少し前ぐらいまでスペイン行ってきます(^◇^)
あっちの大学で単位とれるか怪しいけど頑張ってきます。

あー楽しみな反面、ホームステイ先が77歳のゴンザレスさん(一人暮らし、女性)笑

仲良くできるんか?俺。。。


てか出発の準備ほとんどなんもやってない。
準備がちゃんとできたら明日の練習、行きます!
ゴリラにCD1年ぐらい借りっぱなしやし行かないと・・・


また帰ってきたら就活やし。。。

ま!みなさん加古川大会頑張ってください!
またヨーロッパのええ風景の写真撮れたらブログ更新しまーす。

Adios . Animo!SFIDARS!!
[PR]

by hinata0214 | 2011-09-29 21:15 | SFBLOG#11 | Comments(0)

ハマったとハマらせてもらえない(姫路大会最終日)

姫路大会初の最終日に残りました。
チーム創設以来4年目にして、何とかここまできました。
気合を入れて決勝へ目標に戦いました。


VS 北野クラブAさん

最初に思っていたことは

① 総合力では完全に負けている
② 相手はきっとゾーンでくるのかな・・・??
③ 中外と綺麗に展開されるだろうから、デフェンスは小さく早く動こう

ゾーンでくるならば、ゲジョを入れたほうが効果的てきにスリーで稼げると判断スタートしました。

相手のゾーンに対し、効果的に武田、ゲジョが3Pを決めスタートに成功
本当に出来すぎぐらい決めれたのが公をそうし、1Pをリードを奪えることに成功

2Pに入っても、1Pの勢いそのままにバスケが出来たのが大きかった。
本当に良くがんばったのがデフェンスで
前半を相手を22点、3Pまで39点に押さえれたことが大きいし、収穫でもあった。

4Pは相手ペースになったが、前半の差を利用して
なんとか逃げ切れることに成功できた。

最終結果

95-72

この試合を通じていえることが

<SFIDARSのペースにうまくハマッタって事>

つまり練習している内容が、100%近く出すことが出来たこと。
パス2つつないだぐらいで打つ、他のチームからしたら早い・・・と思われるかも
しれないが、練習を通じて、空いたら打つそれがSFIDARSなので
普段の練習量、選手の頑張りが実った結果だと思った。



さて、チーム結成以来はじめての決勝進出

VS ワイルドボアさん

これも・・・
①何をとっても勝ててる部分はない
②走って走って後半勝負に持ち込みたい
③3Pまで食らい付いていければ、可能性もみえてくるかもしれない

このような思い出試合に望みました。

1Pはから、こっちは一杯一杯のバスケに対し、淡々と点数を加点・・・
いやな雰囲気だなと思っていました
2Pから、武田へのフェイスとディナイが強くなり
そこからズーット相手ペース、流れを変えようと手を変え品を変えしてみましたが
そこを上手く潰され、ゲームをズーット支配されっぱなし・・・
45度の選手を広く配置をさせ、インサイドに楔を入れカットをしたら
たら少しはマシになるかなとも考えましたが、
普段していないことは試合でできない・・・
相手は本当に守りやすかったと思います。

この試合特に出たのが、ベンチワークの差でした
本当に選手に申し訳なくて、しかたありません・・・
もっともっと学び、もっと選手に気持ちよくバスケをしてもらいたい
ただの置物の監督では・・・どうしょうもないので
とにかく勉強をします。
ただ今のスタイルは貫きとうしますが・・・

ということで、得意分野と、得点源、ベンチワーク全てを
を封じ込められたSFIDARSはなすすべナシに
負けてしまいました・・・


95-57

で完敗をきっしました。

この試合で言えることは

<全てにおいて、良い状態にハマルことを許してもらえなかったこと>

つまりは練習している内容が50%も出させてもらえなかった事につきます
本当に強かった・・・・



以上で姫路大会感想を終わろうと思いますが
今のチームの位置は良く見えた大会でした
まだまだトップクラスのチームと対峙をした時には大きな差が出ます
しかし、今から1年でこの35点差をうめて見せます!!
自分的にもチームの完成度として
5割から6割と思っています。
あと1年、選手共々頑張りたく思います。


参加チームの皆様お疲れ様でした
姫路大会を運営して頂いたスタッフの皆様、すばらしい大会をありがとうございました。
[PR]

by hinata0214 | 2011-09-26 23:48 | IIDAnote | Comments(0)

2位☆

姫路準優勝おめでとう!!!!!


c0124342_21193085.jpg
加古川も頑張りましょ☆


c0124342_212049.jpg
[PR]

by hinata0214 | 2011-09-25 21:06 | SFBLOG | Comments(0)

練習お休み

本日、sfidars練習はお休みします。

ゲストのみなさんお気付けください。

ps...今日みたいな試合⇒すぐ移動⇒試合は、もうこりごりです。
[PR]

by hinata0214 | 2011-09-23 18:24 | SFBLOG#55 | Comments(0)

姫路ベスト8&加古川1回戦&業務報告

本日はタイトルのとおり、加古川と姫路の大会がかぶってるというタイトスケジュールでした
姫路終わり11:00→加古川開始11:50
さらに人数も少ない中、選手はよくがんばったと思います。

まず姫路から
VS フリーダムさん

若く、まとまりのあるGOODチームでした。

其田、武田、今井、横井、戸田、ゆうま、の6名で戦いました
私は毎度毎度の仕事で
到着は、2P終了間際でした

2階からスコアーを見ると、3点負けている展開・・・・
ベンチに入り状況を聞くと、うちの出来が悪すぎるとCAPからの報告
どこからやられているのか聞いてみると、インサイドからがほとんどとのこと
私はある程度の修正点を告げると
今井くんが「このままでいきましょう」と
次の事を考え、デフェンスもあたれてなかったと
次を考えないで、やりましょうというのが、メンバーたちの意見

こうなると、私は選手を信じるしかないと判断
注意点だけ伝え送り出し
見事に選手はそれを実行してくれました。

87―75で勝利

何とかBEST4に残ることができました。
選手は本当に頼もしかったですし、全員抱きしめたかったです・・・・・が抱きしめるまもなく
みんな加古川にすっ飛んでいきました。


さて加古川ですが

VS 兵庫籠球団Bさん

其田、武田、横井、今井、戸田、都地、八杉の7名プラス
配達中の花屋さんが2階より観戦

私はこの試合は仕事でアウト
選手の報告を待つしかなかったですが
姫路の疲労もあるので、心配していましたが

108―35で勝利

内容を見ていないのでどうこう言えませんが
1回戦突破を果たしました。


さてここで業務連絡、本日はSFIDARSの練習は休養をとるためありません
ゲストの方はご注意ください
なお土曜日は通常通りありますので、振るってのご参加お待ちしています。


話をもどしまして
姫路大会次回対戦相手
VS 北野クラブAさん
もちろん超格上の相手です
しかしやることは一つ、チームの名前の由来通り、挑戦!!これしかありません。
全員で踏ん張り、良い勝負になるよう、姫路で一つでも多く試合を出来るよう頑張ります。

ちなみに・・・

加古川の2回戦も超強豪
VS チャーリーさん
この試合も挑戦するしかありません。


どちらにしろ
日ごろの練習の成果が、より100%に近い状態で出せるように
選手ともども頑張ります。



目指せ決勝、目指せ2回戦突破!!これしかないのです。
[PR]

by hinata0214 | 2011-09-23 18:12 | IIDAnote | Comments(0)

救世主たち現る

今日連絡が入り、ガード其田君参加
一次は棄権という2文字も出ていたので、こういう時は本当に助かる・・・
これで武田が前を走れ、それのフォローで横井、今井
という走れる形が作れます
前の試合はそれができなかったので、今回はsfidarsらしいバスケが出来そうです。
プラス将来が期待できる、ゆうま君も無理いって参加してもらえました
これで勝負が出来る面子になったのではとおもっています

後は大阪から松田君が参加してくれれば、言うことなしです

本当にこればっかりは揃わないと始まらないので
次の戦いは
vs フリーダムさん
前回、前々回の大会記録を見ましたが、一筋縄ではいかない相手ですが

なんとか、戦ってきます
目指せBest4!!!
[PR]

by hinata0214 | 2011-09-21 16:49 | IIDAnote | Comments(0)

強行弾丸ツアー

23日は姫路大会と加古川大会が重なっている為
非常にタイトな動きを取らなければなりません

しかしそれを度返しにしても
普通に姫路大会人数が不足して困っております
祝日に大会があると・・・非常に人数が揃わず辛いですね
まぁ、それを踏まえてのクラブチームなので、どうこうはいえないですが

でも選手一丸となってこの試練を超えてもらいたいです
23日終わったら、ひとまずお疲れさんした会をやりましょう

他のチームは人数大丈夫ですか?
[PR]

by hinata0214 | 2011-09-20 16:47 | IIDAnote | Comments(0)

VS 西籠団 (傍観者)

姫路大会ベスト8をかけ、西籠団戦いました。
この試合は、メンバー6人&ガード其田とエース武田不在という布陣
さらにはガード、ファード交代メンバー無し
相手の力量を考えても、非常に苦しい試合になると考えてました。

私も仕事のため、途中からの参加のため
まあ、私なりに不安要素満載の試合でした。


私が駆けつけた時(2P終了あたり)、2階席からまず試合を見ましたが
10点リードを保って試合が流れてる感じがしました。
最悪10点前後のビハインドも考えてたので、一安心ですが
少し流れは西籠にあったように思います。

ここからベンチに入りましたが
今日はほとんど見てるだけで、入りにくかったってのもありますが
少し指示をしただけで、あとは選手全員で頑張っていました。

見ていて感じたのが、流れは4P終了まで常に西籠でゲームが進んでいったように思います。
SFIDARSは何とかしのいでいっている感じで
特に3P真ん中から終わりまでは
本当に頑張っていただけで、オフェンス内容は本当に1対1だけの状態
西籠が少しあせってくれたのがよかったのかな・・・って感じました。
それでも選手は声をだし、デフェンスを頑張れた結果の試合内容だったので
それはそれで満足していますし、底力の付いた証拠とも思っています。

74-64

での勝利で幕を閉じれました


やってみてやはり西籠団もかなり力があり
4部のレベルのチームではないと確信
今は、歯車があってないだけできっと一つの
きっかけで大きく変わると思う
仲良くしているチームにだけに、本当にそう願います。

ps 2階でWちゃんと久しぶりに話せたのも楽しかったです




さぁ、次回はBest4をかけての試合...
メンバー的に今日よりきびしいかもですが
この試練をなんとか跳ね飛ばして欲しいと願っています
[PR]

by hinata0214 | 2011-09-18 19:12 | IIDAnote | Comments(0)

試合内容

姫路大会2回戦い、何とか残っています
このまま少しでも多く試合したいというのが希望。
果たして何処までいけるやら・・・

次は西籠団との戦いです。

正直やりにくい・・・・
普段からよく一緒に練習しているので、気持ち的にやりにくいです。
1部2部でも十分通用するバスケをしてます。
楽しみであり、イヤでもあります・・・・

まあお互いがんばりましょう!!


ではではこの前の試合、すこし監督目線から内容をかいていきます。
あまり詳しくは書きませんが、まあおぼろげに・・・

(試合前の考え)
①相手チームは、基本インサイドに集めて高さで勝負くるのかな・・・
②SFIDARSとして勝っている部分は、スタミナ、スピードぐらいかな・・・
③1Pでリバウンドを抑えられれば、まず最初の流れははうちにくるかな・・・
④1Pで開いた点差を2P終わりまでキープできれば、そこからスタミナのさがでてくるかな・・ということをおぼろげに思っていました。

それを踏まえ、序盤は高さに対して平面のスペースを潰すのが
得意な選手を出したほうが良いと判断して、インサイドに#12を起用
1Pはこの選手がアタリだった、#34もインサイドの選手に付き
お互いにスペースを死守できてた、これがよかったのかな???

ちゅうわけで
1P
24-12ぐらいで入れたので、正直ホットしました(笑)

2Pに入り、スピードと高さを加えあわよくば点数を離そう考え#11をスタートで
このときどんな仕事をするのか、正直伝えてなく・・・リズムが悪くなっちゃったね
これがこの試合最大のミスだったかな・・・・
普段からインサイド、アウトサイドとマルチにしてもらってるから・・・・
当然#11の彼は、いつもとおりのアウトのポジションに・・・
おおっ・・・インサイドのつなぎ・・・だれもおらんし・・・
正直少したって気づく・・・・
でも#34がつなぎをしてくれて対応してましたね・・・
いつもながら、必要なところへ、入ってくれる彼の柔軟さに感謝です。

あとは3P、4Pとなるごとに、予想とおりスタミナで相手を上回り
危なげない展開を作ることが、できました。

この試合はアップで#1の調子がわるいのかな・・・??
と思っていましたが、やはり少しのりきれてなかったのかな??
しかしそれはそれで、エースとしてしっかり数字はまとめてくれたのかなとおもいます。


まあこんな感じでそれらしく書いて見ました。



最後に
暑いのに、メンバーは頑張って走りきってくれたことを感謝します

次も頑張ろう!!
[PR]

by hinata0214 | 2011-09-13 02:27 | IIDAnote | Comments(0)