SFIDARS BLOG

ハマったとハマらせてもらえない(姫路大会最終日)

姫路大会初の最終日に残りました。
チーム創設以来4年目にして、何とかここまできました。
気合を入れて決勝へ目標に戦いました。


VS 北野クラブAさん

最初に思っていたことは

① 総合力では完全に負けている
② 相手はきっとゾーンでくるのかな・・・??
③ 中外と綺麗に展開されるだろうから、デフェンスは小さく早く動こう

ゾーンでくるならば、ゲジョを入れたほうが効果的てきにスリーで稼げると判断スタートしました。

相手のゾーンに対し、効果的に武田、ゲジョが3Pを決めスタートに成功
本当に出来すぎぐらい決めれたのが公をそうし、1Pをリードを奪えることに成功

2Pに入っても、1Pの勢いそのままにバスケが出来たのが大きかった。
本当に良くがんばったのがデフェンスで
前半を相手を22点、3Pまで39点に押さえれたことが大きいし、収穫でもあった。

4Pは相手ペースになったが、前半の差を利用して
なんとか逃げ切れることに成功できた。

最終結果

95-72

この試合を通じていえることが

<SFIDARSのペースにうまくハマッタって事>

つまり練習している内容が、100%近く出すことが出来たこと。
パス2つつないだぐらいで打つ、他のチームからしたら早い・・・と思われるかも
しれないが、練習を通じて、空いたら打つそれがSFIDARSなので
普段の練習量、選手の頑張りが実った結果だと思った。



さて、チーム結成以来はじめての決勝進出

VS ワイルドボアさん

これも・・・
①何をとっても勝ててる部分はない
②走って走って後半勝負に持ち込みたい
③3Pまで食らい付いていければ、可能性もみえてくるかもしれない

このような思い出試合に望みました。

1Pはから、こっちは一杯一杯のバスケに対し、淡々と点数を加点・・・
いやな雰囲気だなと思っていました
2Pから、武田へのフェイスとディナイが強くなり
そこからズーット相手ペース、流れを変えようと手を変え品を変えしてみましたが
そこを上手く潰され、ゲームをズーット支配されっぱなし・・・
45度の選手を広く配置をさせ、インサイドに楔を入れカットをしたら
たら少しはマシになるかなとも考えましたが、
普段していないことは試合でできない・・・
相手は本当に守りやすかったと思います。

この試合特に出たのが、ベンチワークの差でした
本当に選手に申し訳なくて、しかたありません・・・
もっともっと学び、もっと選手に気持ちよくバスケをしてもらいたい
ただの置物の監督では・・・どうしょうもないので
とにかく勉強をします。
ただ今のスタイルは貫きとうしますが・・・

ということで、得意分野と、得点源、ベンチワーク全てを
を封じ込められたSFIDARSはなすすべナシに
負けてしまいました・・・


95-57

で完敗をきっしました。

この試合で言えることは

<全てにおいて、良い状態にハマルことを許してもらえなかったこと>

つまりは練習している内容が50%も出させてもらえなかった事につきます
本当に強かった・・・・



以上で姫路大会感想を終わろうと思いますが
今のチームの位置は良く見えた大会でした
まだまだトップクラスのチームと対峙をした時には大きな差が出ます
しかし、今から1年でこの35点差をうめて見せます!!
自分的にもチームの完成度として
5割から6割と思っています。
あと1年、選手共々頑張りたく思います。


参加チームの皆様お疲れ様でした
姫路大会を運営して頂いたスタッフの皆様、すばらしい大会をありがとうございました。
[PR]

by hinata0214 | 2011-09-26 23:48 | IIDAnote | Comments(0)
<< エスパーニャ 2位☆ >>